オフィスビルに最適な産業用蓄電池

蓄電池をオフィスに導入

様々な設置場所についてのご紹介

オフィスビル公共施設小規模店舗倉庫・工場現場商業施設

節電や停電、災害時の非常電源確保の準備はお済みですか?

いつ起こるかわからない災害、発電機能停止に伴う計画停電など、電気が止まった時に役立つのが蓄電池。 業務継続を可能にするこの一台が企業の信頼の明暗を分けます。

企業活動の場であるオフィスビルは、災害が発生しても最低限の機能を失ってはいけません。特にパソコンや電話、テレビやラジオといった端末の電源を確保することが最重要課題となります。 一定規模のオフィスビルには標準で非常用電源が備えられていますが、これはあくまで避難が完了するまでに必要な共用部分の設備に供給されるものであり、オフィス内の電源を賄うことは想定されていません。 緊急時の最後の手段として蓄電池を導入する企業が年々増加しています。

オフィスビルに産業用蓄電池を導入するメリット

防災性・事業継続性の向上

東日本大震災の発生を受けて、多くの企業が事業の停止・縮小の必要を迫られるという事態に陥ったことは記憶に新しいでしょう。その影響から、現在では震災を教訓として「事業継続計画の策定(BCP)」の重要性が見直されています。

各企業はそれぞれが社会を運用する一員であるという考えから、万が一の災害時にもその機能を失うことは避けたいものです。各オフィスに蓄電池を導入することは、事業継続性強化の観点から非常に有効な手段の一つとなります。

BEMSとの連携で効率的に事業運営できます

BEMSとは、「Building Energy Management System」を略した言葉で、「ビル内エネルギー管理システム」を意味します。エネルギー問題が深刻化し、より効率的なエネルギーの利用・管理が求められている昨今、BEMSがもたらす効果は非常に大きいと言えるでしょう。

BEMSを導入しているオフィスビルに蓄電池を導入することで、ピークシフトなどはもちろん、ビル全体の電気代の削減効果が望めます。また、環境先進物件として他物件との差別化ができると共に集客率の向上といった効果も望めます。

オフィスビルに最適な産業用蓄電池について詳しくわかったところで、実際に機器を選定してみましょう。
メーカー別電池の種類別電池の容量別で選定することができます。

ご希望の商品や価格の確認、機器の選定まで無料でご対応いたします、手間など一切かかりません。お気軽にご相談ください!

蓄電池をメーカーから探す

蓄電池を電池種別から探す

蓄電池を容量別から探す