産業用蓄電池について

産業用蓄電池

産業用蓄電池って何?

毎日の電気代のコストカットと非常時の電源確保に大活躍の産業用蓄電池

産業用蓄電池とは会社のオフィス、工場や発電所など大規模な施設などで用いられる容量の大きな蓄電池のことです。毎日の電気代の削減や、災害時の電源確保など様々なシーンにご利用いただくことが出来ます。

蓄電技術がまだ発展途上であるので、家庭用蓄電池と比べものにならないほど容量が大きいという訳ではありません。
そのため、現状では1つだけの蓄電池を導入するのではなく、蓄電システムとして複数の蓄電池を導入するケースが多いです。
また、電力需要の高まる真夏や真冬といった時期におけるピークシフトや「スマートグリッド」を実現する要素技術として、蓄電システムは非常に大きな注目を集めています。

東日本大震災以降、大規模な自然災害に対する備えとして、産業用蓄電システムを導入する企業や団体、施設が増加しています。
災害対策としてだけでなく、電力不足時や節電要請時などに左右されずに事業を継続させる要素としても、絶大な効果を発揮することが期待できます。

設置場所に合わせた効果的な蓄電池の活用法を教えます!

産業用蓄電池は設置環境に応じて機器の選定、導入目的も大きく異なってきます。効果的な導入を図るためにも設置環境に応じて検討を進める事が重要となります。設置シーンにおいて産業用蓄電池を導入する場合のメリットや注意点などをご紹介いたします。

オフィスビル公共施設小規模店舗倉庫・工場現場商業施設

産業用蓄電池を導入するメリット

産業用蓄電池で防災性能・事業継続性を高める!

あらゆる大型の自然災害が発生した際に、多くの企業が事業停止・縮小といった事態になりかねません。無事に再開できたとしても今まで通りの経営をキープ出来ず、事業縮小の最大の理由は電力の確保が出来なかった為、復旧に時間が掛かってしまうことです。

特にIT系企業へのダメージが多いです。その理由は、電力供給そのものがダウンしてしまうことによってパソコンや電話、
サーバーなどが使えなくなってしまい、サービスが提供出来なくなる、結果として企業の撤退、縮小に繋がってしまったというケースです。

そこで今注目されているのが産業用蓄電池です。産業用蓄電池を導入しておけば、例えば電力会社からの電気供給がストップしてしまっても運営し続けることができます。最低限のサーバーの運用などは十分対応できるレベルを保つことができます。

また、産業用蓄電池を導入することで、昼間の電気消費量のピークシフトが簡単にコントロールできるので、あまり電気を使わない夜間のうちに充電しておき、電気使用量の多い昼間にそちらから給電。これによってコストカットに繋がり、人件費などなかなかコストカット出来ない部分が多い中、産業用蓄電池の導入でエネルギーマネジメントを行い、電気料金の削減ができるようになったのは嬉しいメリットになります。

コストカットと非常電源確保が同時にできる!

工場や企業、医療機関において電源の確保は絶対に無くてはならないです。今や電気なしには企業の正常な機能は不可能となっています。そこで今注目を集めているのが「産業用蓄電池」です。産業用蓄電池と言っても、実に様々な商品があり、それぞれの目的やニーズに応じて選択していく必要があります。

例えば、オフィスビル、飲食店、工場、倉庫、公共施設、医療施設、商業施設など様々な設置場所があります。その規模に応じて容量なども検討していかねばならないので、なかなか簡単に見極められるものではありません。産業用蓄電池を導入することによって得られるメリットは実に多いです。最も大きいのは防災性能が高まること、そしてそれが結果的に事業継続性の向上に繋がります!

さらには、家庭用蓄電池とは異なり、産業用蓄電池には非常に多くの補助金制度が用意されています。つまり、より導入にかかるコストが低く、なおかつ手軽に設置できるようになっていますので、今が最大のチャンスです。賢く電気を蓄え、賢く使う時代です。是非、産業用蓄電池の導入をご検討下さいませ。

産業用蓄電池は家庭用と比べて有利な補助金制度が用意されている

産業用蓄電池、家庭用蓄電池問わず蓄電池の設置に関して様々な補助金制度が用意されています。例えば、一般財団法人環境共創イニシアチブは蓄電池を設置する法人を対象とした補助金事業を行っています。個人に対しても補助金を出しているのですが、個人の場合は100万円まで、法人の場合は上限が1億円になっています。必ずしも上限額が提供されるわけではないのですが、産業用蓄電池の導入は有利な選択だという事が分かります。

家庭用蓄電池との違いは?

産業用蓄電池と家庭用蓄電池との違いは、「蓄電容量」の違いが代表的です。出力や細かな機能などにも違いはありますが、やはりもっとも目立つ違いは容量です。容量と価格はほぼ比例していますので、言うまでもなく産業用蓄電池の方が高価になります。

なお、産業用蓄電池と家庭用蓄電池の区別を付けずに販売されている製品もあります。
容量が大きいからと言って一般住宅に導入できないわけではありませんし、逆に容量が小さいから産業用に使えないということもありません。商品についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください!

産業用蓄電池について詳しくわかったところで、実際に機器を選定してみましょう。
メーカー別電池の種類別電池の容量別で選定することができます。

ご希望の商品や価格の確認、機器の選定まで無料でご対応いたします、手間など一切かかりません。お気軽にご相談ください!

蓄電池をメーカーから探す

蓄電池を電池種別から探す

蓄電池を容量別から探す